このWebサイトは「清水みなとまちづくり公民連携協議会」と「清水みなとまちづくりグランドデザイン」を紹介するものです。駿河湾の要、清水港(静岡県静岡市清水区)は2019年に開港120年を迎えました。本協議会は県と市、港湾をはじめとする社会基盤事業に係る第三セクターと民間企業、計8者が集まって2018年4月に設立、翌2019年4月には商工会議所も加わりました。清水港及び周辺は、港湾と後背市街地が連動して、今までにも増して活発な新しい時代の「みなとまち」に向けて動き出そうとしています。「清水みなとまちづくりグランドデザイン」は、その道標となるよう清水港及び周辺の20年後を構想し、将来像とそれを実現するために何をすべきかを提案しています。

information

開港120周年記念 清水みなとまちシンポジウム

2019年7月14日(日)清水マリナート大ホールにて「清水港開港120周年記念 清水みなとまちシンポジウム」が行われ、前田会長が講演しました。講演に合わせ、昨年度から検討を続けていた「清水みなとまちづ

Link